日焼けニキビでお悩みオススメにお勧する治療方法の一つにレーザー治療がありますが、誰でも受けられる訳ではありません。ここでは、ニキビ治療で行われるレーザー治療の注意点について、ご説明します。

まず、化粧を控える事です。化粧品や雑菌などで肌が悪化する恐れがあるので、レーザー治療後は最低でも24時間は化粧を控えて下さい。次に、肌をこすらない事です。レーザー治療後は肌がザラつく事があります。ザラついている肌の下には新しい肌が出来ています。新しい肌が出来ていない段階で、ザラついている肌を無理矢理剥がすと肌がダメージを受けます。自然と剥がれるまで待ちましょう。また、レーザー治療後は、日焼け対策を行って下さい。レーザーにより肌はダメージを受けています。また、敏感な状態である為、日焼けをすると炎症などを起こしてしまいます。シミやしわのリスクも上がるので、日焼け止めなどを塗って日焼けする事を防ぎましょう。その他にもレーザー後は肌が乾燥しやすいので、いつも以上に保湿を入念に行って下さい。

レーザー治療後のセルフケアを怠ってしまうと逆効果となり、悪化させてしまう恐れがあります。いつも以上にセルフケアをしっかりと行うように心掛けましょう。